【予約受付中】1月のサット・サンガ


昨年からコロナに振り回され続けていますが、4月末から5月にかけての緊急事態宣言の時、自粛期間にどれだけご自身のヨーガが深められましたか?

コロナという感染症が蔓延している不安の中で、何かに没頭する時間があると、その間は忘れることができますね。

だからでしょうか?

ラージャ・ヨーガ(瞑想のヨーガ)の実践面アシュターンガ・ヨーガのニヤマ(勧戒)の中で、スヴァーディヤーヤがお勧めされているのかもしれません。

スヴァーディヤーヤは自学自習です。

ただ、ひとりで学ぶことは自分勝手にもなりやすいので、サット・サンガでヨーガ歴45年以上の成瀬貴良先生から直接学ぶ機会を月に一度もちませんか?

そして、学んだことを復習したり、予習したりが次の自学自習になりますよね。

サティヤーナンダさんの『スーリヤ・ナマスカーラ』

2021年1月のサット・サンガはサティヤーナンダさんの書かれた『スーリヤ・ナマスカーラ』という本についても、『バガヴァッド・ギーター』と共に学んでいきます。

isabelle BatistaによるPixabayからの画像

サティヤーナンダさんはシヴァーナンダさんのお弟子さんで、インドのビハールにインド政府公認のビハール・スクール・オブ・ヨーガというヨーガの施設を創設しました。

天才と言われるサティヤーナンダさんの講話録をサット・サンガでは学んできましたが、その後、シヴァーナンダさんの『グル・タットヴァ』を学び、この1月からはサティヤーナンダさんの『スーリヤ・ナマスカーラ』になります。

どれも成瀬貴良先生が邦訳してくださって、さらにわかりやすい解説で学んでいきます。

今月は【太陽の伝承・伝統】についてです。

◆ スヴァーミー・サティヤーナンダについて

『バガヴァッド・ギータ―』は13章に入ります

18章からなる『バガヴァッド・ギータ―』ですが、13章に入ります。

13章は【土地と土地を知る者の違いのヨーガ】です。

そして、冒頭から面白いのですが、13章0節もあるんです。

続く13章1節で土地がなんであるか?がわかります。

さらに、サーンキヤ哲学の話しも出てきます。

受講までの流れ

以下スケジュールをご確認いただき、お申込みください。

お申込み完了後、資料を添付して送ります。

また、Zoomミーティングへ入室いただくためのIDとパスワードもお伝えします。

Zoom 初心者の方や、不慣れな方は、事前に一緒に練習する時間もとりますので、お気軽にご相談くださいね。

4月からオンラインでの講義になり、受講料も変わりますので以下ご確認よろしくお願いします。

成瀬貴良先生のサット・サンガは今後もオンラインで行います。

ぜひ、遠くて三島への参加は難しかった・・・という方にも参加いただきたいです。

日程など

【日程】

2021年1月13日(土)

●学習会 Zoom ミーティング待機室 Open 14時50分

●学習会 15時~16時30分

【講師】

成瀬貴良先生(ヨーガ・サンガティ主宰、Y.L.S.専任講師)

【受講料】

● 3,500円(資料代込み)

【その他】

●受講申し込み締切日は1月21日19時まで。

●受講料は受講後のお振込になります。

お問合せ/予約は】

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

●予約サイト

クービック予約システムから予約する

関連記事

【予約受付中】6月のサット・サンガ

【サット・サンガ】何を食べるべきか?

【サット・サンガ】穏やかな毎日のために

◆【予約受付中】10月のサット・サンガ

【予約受付中】11月のサット・サンガ

【予約受付中】12月のサット・サンガ

『バガヴァッド・ギーター』学習会について


コメントを残す