【予約受付中】12月のサット・サンガ


12月に入りました。

急に寒さが厳しくなったなぁって感じます。

こんな時でもありますし、ヨーガで免疫力を上げていきましょう。

ヨーガのイメージは身体を使って色々なポーズを行うというものかもしれません。

実は、それだけではないんです。

ヨーガの教典を学ぶこともヨーガです。

興味がある方はぜひ一緒にサット・サンガの教典学習会で学びを深めましょう。

サット・サンガはオンラインで東京在住の成瀬貴良先生から学んでいます。

Zoomを使って行っているので、わからないことがありましたら聞いてくださいね。

全国どこからでも、成瀬貴良先生の講義を聞くことができます。

11月の振り返り

11月のサット・サンガも面白かったです。

『グル・タットヴァ』は8章を学びました。

サンニャーシンへというタイトルです。

成瀬先生は「お坊さんたちへ、と訳して読んだらいいよ。」と教えてくれました。

そしてその内容は、お坊さんたちへの注意が書かれていました。

また、改めて、混同してしまいがちな、スヴァーミー。マハーラージ、サンニャーシン、サードゥ、求道者、アーチャリヤなどの呼び名が色々なので整理もできました。

そして、サット・サンガへの苦言も書かれていました。

 講義の合間に、世俗的なことを話したりすべきではないし、笑いを誘うような話をあまりたくさんすべきではありません。

 冗談のない、静けさに満ちた説教でなくてはなりません。

 聞いている人たちが皆、魔法にかかったようにうっとりして聞くようでなくてはなりません。

 針が落ちても分かるくらいシーンとしていなくてはなりません。そうなった時にはじめて、一般の人たちに影響を与えることができるのです。サット・サンガから何かを得たということを実感させられるのです。

『グル・タットヴァ』スヴァーミー・シヴァーナンダ/成瀬貴良 訳

明るいシヴァーナンダさんからは想像できない感じですが、こんな気持ちで行われているサット・サンガだから、シヴァーナンダ・アーシュラムでは大事なプログラムになっているそうです。

また、『バガヴァッド・ギーター』は12章に入りました。

グル・タットヴァ ・・・

『グル・タットヴァ』はいよいよ最後になります。

9章【グル・バクティ・ヨーガ】です。

この【グル・バクティ・ヨーガ】とはどんなヨーガなのでしょう?

その解説が70項目に渡って箇条書きで紹介されています。

シヴァーナンダさんは、この時代に必要なヨーガだと仰っています。

続きはオンラインで行われるサット・サンガで一緒に学んでいきましょう。

『バガヴァッド・ギーター』12章

11月から12章に入りました。

バクティ・ヨーガが説かれているところです。

自分勝手に読み進めていると。見失いがちの部分があります。

バクティ・ヨーガは神への信愛のヨーガです。

現代の私たちは神様へお祈りは自分の意思で行うことができます。

しかし、『バガヴァッド・ギーター』が現れる以前は、神様にお祈りができるのはバラモンの専売特許のようなものでした。

そのバラモンのヴェーダの宗教に代わるシュラマナたちによる新しい宗教も、インドに深く浸透するにはいたりませんでした。

バラモンたちはヴェーダの宗教に土着的な要素を加え、ヒンドゥー教として再興させました。

今までのように宗教はバラモンの独占物ではなく、一般市民にとっても身近なものになっていきました。

そこで『バガヴァッド・ギーター』の出現です。

『バガヴァッド・ギーター』が今の形になったのは1〜2世紀頃でした。

ヨーガが「心統一」から「解脱の方法」へという意味に大きく広がりました。

このバックグランドを踏まえて12章を読んでいくと面白いです。

以上は、成瀬貴良先生の著書『いまに生きる インドの叡智』から抜粋しました。

やはり、『いまに生きる インドの叡智』はヨーガをしていつ方にはぜひ手元に置いていただきたい1冊です。

ただ、この本は教科書・テキストです。

解説が入るとさらにわかりやすいので、成瀬貴良先生、または先生の教え子のヨーガの先生から学ばれるといいです。

私も成瀬貴良先生に師事し15年。

ビージャでも行っていますので、『バガヴァッド・ギーター』と共に、『いまに生きる インドの叡智』も学んでみてください。

『いまに生きる インドの叡智』も学べるヨーガ指導者育成・プライベートコース

◆ ヨーガの学校

日程など

【日程】

2020年12月12日(土)

●学習会 Zoom ミーティング待機室 Open 14時50分

●学習会 15時~16時30分

【講師】

成瀬貴良先生(ヨーガ・サンガティ主宰、Y.L.S.専任講師)

【受講料】

● 3,500円(資料代込み)

【その他】

●受講申し込み締切日は12月10日19時まで。

●受講料は受講後のお振込になります。

お問合せ/予約は】

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

●予約サイト

クービック予約システムから予約する

関連記事

【予約受付中】6月のサット・サンガ

【サット・サンガ】何を食べるべきか?

【サット・サンガ】穏やかな毎日のために

『バガヴァッド・ギーター』学習会について


コメントを残す