【予約受付中】11月のサット・サンガ 


オンラインでサット・サンガを行っています。

Zoomを使って行っているので、わからないことがありましたら聞いてくださいね。

11月は通常の第四土曜日 28日に開催します。

12月だけは第二土曜 12日に開催になります。

詳細は以下の日程をチェックくださいね♪

サンニャーシンたちへ

サット・サンガで学んでいる『グル・タットヴァ』は第8章に入ります。

9章までですので年内で終わる予定です。

シヴァーナンダさんの書かれた『グル・タットヴァ』を学ぶ機会はなかなかないと思いますので、この機会にいかがですか?

今回は8章【サンニャーシンたちへ】です。

サンニャーシンは遊行者のことです。

上位三つのカースト、ブラーフマナ、クシャトリヤ、ヴァイシャの生活期を四つに分けて(アーシュラマ)、学生期(ブラフマチャーリン)、家住期(グリハスタ)、林住期(ヴァーナプラスタ)、遊行期(サンニャーシン)規定していますが、その第四期の遊行期で、世を捨てて遊行の生活に入ることもサンニャーシンと言います。

内容は【時代の傾向】、【快適な生活という誘惑】、【これが本当にサット・サンガでしょうか?】、【キール・バロータ鳥】、【弟子の指導】と、5つのテーマになっています。

【キール・バロータ島】って一体どんなことが書かれているのでしょうか?

興味津々です。

『バガヴァッド・ギーター』

『バガヴァッド・ギーター』は今月から12章に入ります。

12章はバクティ・ヨーガです。

先ほど『グル・タットヴァ』の8章について書きましたが、9章は【グル・バクティ・ヨーガ】について書かれています。

バクティとは、

信愛のヨーガ。『バガヴァッド・ギーター』で説かれたヨーガの一つ。

『ヨーガ事典』成瀬貴良 編著

成瀬貴良先生の『ヨーガ事典』には、さらに詳しく解説が書かれています。

【バクティ・ヨーガの誕生】や【バクティの聖者たち】について知りたい方は『ヨーガ事典』がお薦めです。

または、成瀬貴良先生の書かれた『いまに生きる インドの叡智』なら歴史の流れに沿ってヨーガを学ぶことができるので、なんでこうゆうヨーガが出てきたのかもわかります。

そして、この12章を学ぶことで、10月のサット・サンガの記事に『バガヴァッド・ギーター』を学習して生活に活かしてくださっている感想を書きましたが、その理由もわかると思います。

どこから学んでも気づきがあるのが『バガヴァッド・ギーター』です。

ぜひ一緒に学んでいきましょう♪

Ved Prakash ThawaitによるPixabayからの画像

日程など

【日程】

2020年11月28日(土)

●学習会 Zoom ミーティング待機室 Open 14時50分

●学習会 15時~16時30分

【講師】

成瀬貴良先生(ヨーガ・サンガティ主宰、Y.L.S.専任講師)

【受講料】

● 3,500円(資料代込み)

【その他】

●受講申し込み締切日は11月26日19時まで。

●受講料は受講後のお振込になります。

お問合せ/予約は】

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

●予約サイト

クービック予約システムから予約する

関連記事

【予約受付中】6月のサット・サンガ

【サット・サンガ】何を食べるべきか?

【サット・サンガ】穏やかな毎日のために

『バガヴァッド・ギーター』学習会について


コメントを残す