2016年7月6日

ハタ・ヨーガ・プラディーピカー学習会


ハタ・ヨーガ・プラディーピカー学習会

 

ハタ・ヨーガ・プラディーピカーとは。

身体を使って行うヨーガをハタ・ヨーガといいます。

そのハタ・ヨーガには教典がありますが、

その代表的なものが『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』になります。

ヨーガの教典と言えば『ヨーガ・スートラ』が有名ですが、

瞑想のヨーガ、ラージャ・ヨーガの教典です。

この学習会では、今、ヨーガと言えばハタ・ヨーガというくらい

実践者が多いハタ・ヨーガの教典『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』を

成瀬貴良先生の解説で学んでいきます。

教典はサンスクリット語で書かれており、また抽象的な表現もあり、

ひとりで読み解くのは時間もかかり困難です。

この学習会では成瀬貴良先生がサンスクリット語を訳し、

更にわかりやすい解説が書かれた資料を使って行います。

教典には真実が書かれています。それを学ぶことによって日々の実践も深まります。

特にヨーガを指導する立場のインストラクターなら知っておきたい教典です。

 

講師:成瀬貴良先生について。

ヨーガ・サンガティ主宰
ヨーガを40年以上実践。

 

東京生まれ。

東洋大学インド哲学科卒。

1972年、にんげん学校・現代の寺小屋塾神田寺校にてヨーガを学び始める。

田原豊道氏、西山登志正氏、藤田鳳子氏、佐保田鶴治博士らに師事。

1977年、東方学院にて中村元博士よりインド思想史を学ぶ。

1977年11月から半年間、インド各地にあるヨーガ・アーシュラムを訪問・滞在。

その後、度々インドに行き、ヨーガ関係の施設に滞在。

20年以上にわたり、産経学園、NHK、よみうり文化センターなどのヨーガ講師を務める。

1982年、松戸にて後のヨーガ・サンガティの土台となる、ヨーガの歴史と哲学を学ぶ授業を開始。

1985年、東方学院にてサンスクリット語を学ぶ。

1999年、『インドの叡智』(善本社)出版。

2001年、『シヴァーナンダ・ヨーガ』(善本社)出版。

2000年、ヨーガ・サンガティ・グループを設立し、八雲、吉祥寺、恵比寿、目白、岡谷などでヨーガを指導。

2004年3月、千葉麗子氏の「DVD de YOGA」(宝島社)の監修。

2005年5月、千葉麗子氏の「スタイリッシュ・ヨーガ・バイブル」(学研ムック)の監修。

2010年9月、『ヨーガ事典』(BABジャパン)出版。

2011年、Y.L.S.ならびにヨーガ・サンガティ池袋教室にて『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』講義。

シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センターにて『インドの叡智』講義。

2012年4月、Y.L.S.にて『ヨーガ・スートラ』講義。

2013年7月、Y.L.S.にて『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』講義開始。

2015年4月、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編』(アンダーザライト)出版。

成瀬先生が月に一度Bijaでの学習会を開催しています。画像をクリックすると本のレビューなど閲覧頂けます。

 

 

bija-eichi-01 bija-eichi-02
bija-eichi-03 bija-eichi-04

 

日程

 

第4土曜日の15時〜16時30分(変更があった際の御案内はブログに掲載)
但し、12月は第2土曜日に変更になります。

 

誰でも参加できますか?

 

ヨーガに興味を持ちはじめたばかりの方や、
すでに教室をお持ちで教える立場の方々までご参加頂いております。

 

受講料

 

受講料3,000円と資料代100〜300円

 

お申し込み方法

 

*教室に入れる人数が限られておりますので、開催日の3日前までに
 こちらまでメールを頂くか、ご予約専用サイトよりご予約頂下さい。
 また詳しいご説明をご希望の方は下記までお電話を頂けますようお願い致します。

 

bija-map00
*ヨーガをやってみたいけれど、なかなか教室まで来る事ができなかったり
 勉強してみたいけれど、なかなかきっかけがつかめない方も少なくないと思います。
 Yoga Bijaでは、そんな方々の為に2017年3月にメールマガジンを新設致しました。
 「まぐまぐ」というメール配信サイトを使い、月に一度無料で配信しておりますので
 ヨーガにご興味のある方、これからはじめてみたい方はお気軽にご登録下さいませ。