2022年 寅年とヨーガ


2022年になりました。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

出逢いに感謝しながら
今年も、教わったままヨーガの種まきをしていきます。

知識と実践で

バランス良く
機嫌よく
暮らしていきましょう♪

寅年

2022年は寅年ですね。

毎年、干支にちなんだヨーガのアーサナを紹介していますが、今年はヴャーグラ・アーサナ(トラのポーズ)を紹介します。

【ヴャーグラ・アーサナ】 

トラのポーズ。

ヴャーグラとは「トラ」のこと。

マールジャーラ・アーサナ(猫のポーズ)において、片足ずつ伸ばすポーズを指す。

『ヨーガ事典』/成瀬貴良:編著
【ヴャーグラ・アーサナ】 『ヨーガ事典』/成瀬貴良:編著

レッスンでもよく行うアーサナ (ポーズ)です。

色々なバリエーションもありますので、身体と向き合いながら行っていきましょう♪

浄化

ハタ・ヨーガの行法には、シャット・カルマという「六つの浄化法」があります。

●ダウティ

●バスティ

●ネーティ

●トラータカ

●ナウリ

●カパーラバーティ

の六つです。

また、ダウティはさらに細かく色々に分けることができますが、その一つに【ヴャーグラ・ダウティ】があります。

クラスではシャット・カルマの全てを実践することがないのでここでご紹介させていただきます。

また、シャット・カルマについては『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章プラーナーヤーマ学習会ヨーガ指導者育成コースで詳しく説明し、実践しています。

ただ、現在行っている『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章プラーナーヤーマ学習会ではシャット・カルマを終えてしまったので、詳しく学びたいご希望があれば以下の連絡先までお問合せください。

ヨーガ指導者育成コースはヨーガの学びを深めたい場合にもご参加いただけます。

こちらも以下よりお問い合わせください。

さて、話を戻しますね。

ヴャーグラ・アーサナ でも解説がありましたが、ヴャーグラは「トラ」という意味です。

【ヴャーグラ・ダウティ】について『ヨーガ事典』よりご紹介しますね。

【ヴャーグラ・ダウティ】

水を飲んで口から出す方法。

ヴャーグラは「虎」のことであるが、虎は何かを食べた後、二、三時間たった時に一度吐き出すと言われる。

食後に水を含んで吐き出すのがヴャーグラ(虎)・ダウティであり、空腹の時に水を飲んで吐き出すのがクンジャリ(象)・ダウティである。

ヴャーグラ・ダウティは食後二、三時間たったら、塩の入ったぬるま湯を飲むか、喉に指を入れえて吐き出す。

『ヨーガ事典』/成瀬貴良:編著

ダウティは指導者の元で行いなさいと言われます。

自分勝手に行わないようにしましょう。

ヨーガは食後二、三時間あいた身体で行うのは、食べたものは胃で消化されるのに二、三時間かかるというのが理由になります。

食後すぐにヨーガをすると、ヨーガで血流が良くなり、その血液が身体の隅々にまで行き渡ると、消化の為に胃で使われるべき血液は減ってしまうので、消化不良になり、気持ち悪くなります。

また、未消化物が身体に悪い影響を与えるから、ダウティをすることによって、未消化物を無くそうと考えられました。

だからでしょうか?『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』では、ミターハーラ(節食)を強く勧めています。

難しいダウティをする前に、ミターハーラ(節食)から心掛けたいですね。

お問合せ

LINEでお問い合わせやご予約できるようになりました。

またはメール:ylsbija@gmail.com

お電話:09079122282(加藤)

STORES 予約 から予約する

継続してヨーガを行うことで、暮らしが変わります。

いつからでもはじめられ、いくつになってもできるのがヨーガです。

体験レッスンは【プレミアム会員限定】クラスや、学習会以外でお申し込みくださいね。


コメントを残す