【12月のプラーナーヤーマ】ウッジャーイー・プラーナーヤーマ


あっという間に、今年もあと1ヶ月。
明日からは12月ですね。

12月のプラーナーヤーマはウッジャーイー・プラーナーヤーマです。
今月も成瀬貴良編著 『ヨーガ事典』 ご紹介します。

【ウッジャーイー・プラーナーヤーマ】

勝利。
ハタ・ヨーガで説かれる八種のクンバカ(プラーナーヤーマ)の一つ。
口を閉じ、両鼻から息を吸うが、このとき気管を半分閉めて微かな寝息のような音を出す。
また、たいへん気持ちがリラックスし、心や霊性に影響を与えるところから、霊的呼吸とも呼ばれる。
「口を閉じ、喉から心臓にかけて響くような音をたてて、イダーとピンガラー(両鼻)から息を吸う。そして、クンバカをした後で、イダーより息を吐く。これは喉から痰を取り除き、消化の火を増大する。これはウッジャーイーと呼ばれ、動いていても休んでいても行なうことができ、水腫やナーディーや身体の根本要素から起こる病気を治す」
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章51節~53節
参照『ゲーランダ・サンヒター』第5章69節~72節

《方法・1》
①自分の好みの坐法で坐る。
②自然な呼吸の流れに集中し、呼吸が気管を通って伝わって流れていくのを感じ取る。
③何かを飲み込むときのように、喉の後ろの部分をかすかに閉じて呼吸をする。
④吸息も吐息も鼻孔を通して行なうが、声門を部分的に閉じて軽い寝息のような音を出す。
⑤吸う息と吐く息は、長く深くコントロールする。
⑥喉のところから出る寝息のような音に集中する。この呼吸を快くできるだけ続ける。

《方法・2》
①息を吸い終わった後で、右手で両鼻孔を閉じて呼吸を止め、アンタラ・クンバカをする。
②ジャーランダラ・バンダをする。
③息を吐いていくときは、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、顔を起こし、ウッジャーイーで左鼻から吐いていく。この呼吸を、気持ちよくできる間繰り返す。

赤ちゃんの寝息のような音をたてながら行います。
10月のインド研修でリシケーシを訪れた時にもウッジャーイー・プラーナーヤーマを練習しました。
その時に、ヴィシュワルーパナンダジーから教わったこともクラスでは伝えてきます。
とっても気持ちいいプラーナーヤーマなので、ぜひ実践しましょう。

お問合せ/予約

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

 

Bijaの場所について

◆ 教室の場所

Bijaの料金について

◆ 料金

ヨーガ・インストラクターになりたい方へ

◆ ヨーガ指導者育成コース

 

◎ヨーガについてわからないことは上記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

 

Bija

加藤


コメントを残す