【11月のプラーナーヤーマ】ナーディー・ショーダナ・プラーナーヤーマ


10月もあっという間で今日が10月最後の日。

今日はハロウィン。

子供たちが思い思いに仮装し、パレードしていた幼稚園の頃が懐かしいです。

 

遅くなりましたが、11月のプラーナーヤーマの紹介です。

やり方は成瀬貴良編著 『ヨーガ事典』 より引用です。

【ナーディー・ショーダナ(プラーナーヤーマ)】

「ナーディーを清めるプラーナーヤーマ」の意味で、ハタ・ヨーガの代表的なプラーナーヤーマ。スカプールヴァカとも呼ばれる。

『ゲーランダ・サンヒター』では「サマヌ」と呼ばれる。

ナーディー・ショーダナ・プラーナーヤーマは静けさと安らぎをもたらしてくれるので、アーサナの後、瞑想の前に行うと良い。

プラーナの流れを妨げるものをきれいにし、イダーとピンガラーの流れを等しくし、毒素を排除する。

その上、血液の流れをスムーズにしてくれる。

酸素をたくさん取り入れ、二酸化炭素を効率的に排泄することにより、身体全体に滋養を与えてくれる。

これら総合的な効果により、すばらしい健康増進をもたらす。

脳細胞が綺麗になることによって、その働きを最大限に近いものにしてくれる。

「ヨーギーはパドマ・アーサナで坐り、チャンドラ(左の鼻孔)から息を吸い、能力に応じて息を止めた後、スーリヤ(右の鼻孔)より息を吐く。それから、再び、右の鼻孔から吸って、胸に満たし、決められた方法でクンバカをし、左の鼻孔から吐く。息を吐いたほうの鼻孔から吸い、極限まで止め、他方の鼻孔からゆっくりと吐く。決して急いではいけない。イダー(左の鼻孔)から吸い、止めてから他方の鼻孔から吐く。それからピンガラー(右の鼻孔)から吸い、止めてから他方の鼻孔から吐く。このように、スーリヤとチャンドラを通じて不断の、しかも長いプラーナーヤーマの実習により、ヨーギーのナーディーは三か月で清められる。一日に四回、クンバカを行わなくてはならない。朝、昼、夜、真夜中に。そして、クンバカを徐々に(一回の練習で)八十回にまで増やしていく。」

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章7節~11節 『ゲーランダ・サンヒター』第5章38節~45節 『シヴァ・サンヒター』第3章22節~28節

 

《方法》

①パドマ・アーサナ、シッダ・アーサナ、スカ・アーサナなどで坐る。

②手は膝の上に置き、背筋は真っすぐにする。顔が正面を向くようにして、身体全体をリラックスさせる。目を閉じる。

③左手はひざの上に置いたままで、右手を上げナーシカーグラ・ムドラーを行なう。

④親指で右の鼻孔を閉じ、左の鼻孔から静かに息を吸ってゆく。このとき、心の中でその長さを数える。

⑤息を吸い終わった後、薬指で左の鼻孔を抑え、左右の鼻孔を閉じて、ジャーランダラ・バンダとムーラ・バンダを行ない、吸った息と同じ長さだけ止める。
クンバカは気持ち良く出来る範囲を越えてはならない。

⑥親指をゆるめ、ムーラ・バンダをゆるめ、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、右の鼻孔で同じ長さで吐いてゆく。

⑦次に、左の鼻孔は閉じたままで右の鼻孔から息を吸ってゆく。

⑧吸い終わった後、親指で右の鼻孔を抑え、左右の鼻孔を閉じて、ジャーランダラ・バンダとムーラ・バンダを行ない、吸った息と同じ長さだけ止める。

⑨薬指をゆるめ、ムーラ・バンダをゆるめ、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、同じ長さで左の鼻孔で吐いてゆく。

⑩これを1ラウンドとして、5~12ラウンド繰り返す。呼吸の比率はきちんと出来たときにだけ次のステージに進むようにする。

⑪これをしばらく練習した後、吸息:止息:吐息の比率を1:2:2にする。

⑫これをしばらく練習した後、吸息:止息:吐息の比率を1:4:2にする。

⑬これに、バーヒヤ・クンバカを入れて行なう。

 

方法を見ているだけでは難しく感じてしまうかもしれませんが、教室では実践しながら学んでいくので、習得が早いと思います。

疲れている時に、この呼吸を実践するとエネルギーアップしますよ。

ハタ・ヨーガのプラーナーヤーマが私たちに与えてくれる恩恵です。

11月から少しずつ練習していきましょう。

 

お問合せ/予約

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

 

Bijaの場所について

◆ 教室の場所

Bijaの料金について

◆ 料金

ヨーガ・インストラクターになりたい方へ

◆ ヨーガ指導者育成コース

 

◎ヨーガについてわからないことは上記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

 

Bija

加藤


コメントを残す