『バガヴァッド・ギーター』第9章と迷える人


何度もお伝えしていますが、ビージャでは成瀬貴良先生をお招きして『バガヴァッド・ギーター』(*以下『ギーター』)を学んでいます。

現在三島は第4土曜日に開催し、第9章を学んでいますが、成瀬先生の『ギーター』の講座は東京でも開催しています。

東京では第1土曜日に開催していて、第11章を学んでいます。

誰にでも開かれた講座です。

ヨーガ歴など関係なく、ヨーガの教典学習が初めての方でもご参加いただけます。

ヨーガクラスへの体験レッスンでもそうですが、最初は皆だれでも初心者です。

安心してご参加くださいね。

 

さて、『ギーター』に戻ります。

9章は【王の知識と王の秘密のヨーガ】というタイトルがついています。

11節に【迷える人】が書かれています。

 

 

【迷える人】とはどんな人でしょうか?

その答えが12節に書かれています。

 

【迷える人】は、金持ちになりたい、家が欲しいなど、出世したいなど、虚しい望みを抱いています。真の智慧や経験ではなく、虚しい望みです。

 

と、成瀬先生の解説でした。

これは普通に今、この世を生きている誰でもが思っていることではないでしょうか?

さらに成瀬先生の解説は続きます。

 

カルマ・ヨーガではなく、目的を持った行為、欲望や執着に満ちた行為をしています。『ギーター』的に言うと、だからわたしたちは幸福になれないのです。

 

情報としての知識ではなく、本物の智慧を求めることをしなさいと『ギーター』は言います。

『ギーター』の通り生きるのはなかなか難しいですね。

 

また、この12節に出てくる羅刹についての詳しい説明がありました。

羅刹の原語は「ラークシャサ」です。

「ラークシャサ」を辿っていくと『ラーマーヤナ』に繋がっていて、成瀬先生から『ラーマーヤナ』のお話を聞くことができました。

 

 

私たちは配布された『ラーマーヤナ』の登場人物の相関図を見ながら先生の解説を聞くのですが、どんどん話の世界に引き込まれていって、目の前に『ラーマーヤナ』の場面が浮かんできました。

『ギーター』を学びながら、インド二大叙事詩のもうひとつ『ラーマーヤナ』にも触れることができるなんて、あまり良い表現ではありませんが、お得な気分になりました。

 

 

13節からは、バクティ・ヨーガについて書かれていきます。

 

タイトルにあった【王の知識と王の秘密のヨーガ】のように、今回学んだ幸せになる方法やバクティ・ヨーガが王の知識に通じていくのでしょうか?

王の知識を成瀬先生は【最高の知識】と訳されました。

学習会に参加する度に解説の大切さを感じます。

成瀬先生がおっしゃる通り、ヨーガは何時間学んだと言う時間数よりも、誰から学んだか?が大切だと思います。

ぜひ、成瀬先生から一緒に学びましょう。

 

以下、4月のサット・サンガの詳細です。

 

【日程】

2019年4月27日(土)

●キールタン自主練習 13時~14時

●学習会受付 14時30分~

●学習会 15時~16時30分

☆実技(16時45分〜18時15分)は調整中です

 

【場所】

The Yoga Life Society Bija(Y.L.S.三島校)

駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階

 

【講師】

成瀬貴良先生(ヨーガ・サンガティ主宰、Y.L.S.専任講師)

 

【受講料】

●キールタン 初回のみ500円 2回目以降はドネーションでご参加ください。

●学習会 継続受講の方と、1回だけの単発受講の場合と2通りあります。

3ヶ月以上継続で受講意志がある方は、1回3,000円。

1回単発受講の方は、1回4,000円。

そして、それぞれに資料代500円です。

 

【持ち物】

●学習会には筆記用具。椅子ではなく床に座って行なう学習会ですので、楽な服装がお薦めです。

 

【その他】

●受講申し込みは4月25日木曜日19時まで。

●駐車場に限りがあり、遠方からお越しの方を優先にさせていただいていますので、広小路駅周辺の有料駐車場をご利用ください。

《お薦め駐車場》

タイムズ三島広小路

シンコウパーク/ヒロセパーク

*それぞれ教室まで徒歩10分くらいです

 

お問合せ/予約】

クービック予約システムから予約する

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

 

Bijaの場所について

◆ 教室の場所

Bijaの料金について

◆ 料金

ヨーガ・インストラクターになりたい方へ

◆ ヨーガ指導者育成コース

 

ヨーガについてわからないことは上記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

 

Bija

加藤


コメントを残す