3月のプラーナーヤーマ


寒暖差が激しい日が続きますが、日毎に春に近づいていますね。

先週から花粉症の症状を訴える方が増えてきました。

鼻孔の詰まりはイライラしたり、気持ちも落ち着かないものです。

古代のインド人は、呼吸と気持ちの繋がりをよくわかっていたから、呼吸の数え方も沢山あったのだと思います。

雪国では雪の種類も沢山ありますし、雪に覆われている時間が多い国では「白」も色々とあり、それぞれ白の呼び方が違うと言います。

 

1,600年頃にハタ・ヨーガは成立しました。

しかし、タントラの流れを汲んでいるので、起源を辿れば1,600年以前から継承されているとも言えます。

そんなハタ・ヨーガの伝統的なプラーナーヤーマは8種が教典に説かれています。(教典にはプラーナーヤーマではなくクンバカとして紹介されています。)

教典によって共通しているものと、そうでないものとがあります。

3月Bijaで練習するプラーナーヤーマは『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』と『ゲーランダ・サンヒター』に載っている【ブラーマリー】を行います。

 

 

【ブラーマリー】

蜂の呼吸。

ブラーマリーとは「メスの蜂」。呼吸するときに蜂の羽音を出すことからこの名前がつけられた。

ハタ・ヨーガの教典に出ている代表的プラーナーヤーマの一つ。

心を落ち着かせる効果がある。

「オスの蜂の羽音を出しながら素早く息を吸う。

そして、メスの蜂の羽音を出しながらゆっくりと息を吐いていく。

その結果、最高位のヨーギンの心の中は何とも言い難い祝福された経験で満たされる」

参照『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章68節
参照『ゲーランダ・サンヒター』第5章78節~82節

《方法・1》両耳をふさいで行なう。
①自分の好みの坐法で坐り、眼は閉じる。

②身体をリラックスさせ、しっかりと坐る。

③呼吸の音(オスの蜂の羽の音)を聞きながら、両鼻からゆっくりと息を吸っていく。

④人差し指か中指を耳の穴に入れて両耳をふさぐ。

⑤耳をふさいだまま、やわらかくハミングの音を出しながら息を吐いていく。

⑥音は低い調子で出し続け、その音に集中する。

⑦完全に吐き終わったら、手を膝の上に下ろして息を吸っていく。

 

《方法・2》クンバカとバンダを入れて行なう。

①蜂の羽音を出しながら両鼻で息を吐いていった後、バーヒヤ・クンバカをして、ジャーランダラ・バンダとムーラ・バンダを行なう。

②ゆるめるときは、ムーラ・バンダをゆるめ、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、ゆっくりと息を吸っていく。

 

《方法・3》ヨーニ・ムドラーで吐いていく方法。

①自分の好みの坐法で坐り、眼は閉じる。

②身体をリラックスさせ、しっかりと坐る。

③呼吸の音を聞きながら、両鼻からゆっくりと息を吸っていく。

④息を吸った後、アンタラ・クンバカをして、ジャーランダラ・バンダとムーラ・バンダを行なう。

⑤クンバカをしたら、親指で耳をふさぎ、人差し指で眼をふさぎ、中指で鼻をふさぎ、薬指と小指で口をふさいで、ヨーニ・ムドラー(シャーンムキー・ムドラー)を作る。

⑥気持ちよくできる範囲でできるだけ息をとめたら、ムーラ・バンダをゆるめ、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、ヨーニ・ムドラーのままで息を吐いていく。

⑦微妙な音の響きや、閉じた眼の前に現れるイメージに集中する。 瞑想や睡眠の前に行なうと良い。ブラーマリーで生じる音は、心をやわらげてくれる柔らかい音なので、不安や緊張を解きほぐし、怒りを和らげてくれる。

 

いつものように、成瀬貴良先生の本『ヨーガ事典』より。

 

ヨーガのことならなんでもわかる『ヨーガ事典』です。

 

【ブラーマリー】はとても心地良いです。

3月の呼吸の時間を大切にしながら行っていきます♪

わかならいことは何でも聞いてくださいね。

 

また、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の学習会では現在第2章【プラーナーヤーマ】を行っています。

ぜひ、一緒に教典から本当の知識を学んでいきましょう。

簡単予約はこちらから ↓

クービック予約システムから予約する

 

または、

●メール:ylsbija@gmail.com

●電話:090-7912-2282 (加藤まで)

 

Bijaの場所について

◆ 教室の場所

Bijaの料金について

◆ 料金

ヨーガ・インストラクターになりたい方へ

◆ ヨーガ指導者育成コース

 

ヨーガについてわからないことは上記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

 

Bija

加藤

 


コメントを残す