ハタ・ヨーガの教典から学べること


ハタ・ヨーガの教典はたった1冊の教典ではないことを前に書きました。

ハタ・ヨーガの教典は1冊ではありません

その教典にはどんなことが書かれているか?

『インドの叡智』には代表的な3つの教典の内容について書いてあります。

『インドの叡智』についても、これからきちんとご紹介していきたいと思っています。

それでは、『インドの叡智』から、ハタ・ヨーガの教典にどんなことが書かれているか、ご紹介していきます。

まずは、『ゴーラクシャ・シャタカ』から

『ゴーラクシャ・シャタカ』

残念ながら邦訳されていないので、原文か英訳を読むしかありません。

この『ゴーラクシャ・シャタカ』はその後のハタ・ヨーガ教典の模範になったものといわれます。

『いまに生きる インドの叡智』著:成瀬貴良

インドに行くたびに『ゴーラクシャ・シャタカ』を買ってこようかと思って忘れています。

今はこんな状況ですが、インドに行く機会が会ったら今度こそは買ってきたいと思います。

次に『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』について

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』

第1章 アーサナ / 第2章 プラーナーヤーマ / 第3章 ムドラー /第4章 ラージャ・ヨーガ

『いまに生きる インドの叡智』著:成瀬貴良

引用は簡単にしか書いていませんが、『いまに生きる インドの叡智』では詳しく紹介しています。

今後、こちらでも紹介していきたいと思っています。

でも実際に一緒に教典を読み深めていくことが大切で、さらに実習が大切です。

なので『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の学習会にご参加いただき、通常のヨーガレッスンに参加いただきながら、頭と身体で理解していただけると、自分のものになっていくと思います。

現在、第1章アーサナを行なっています。

もう第1章の後半に入っているので、今月は第2章に入る予定です。

今回は食べるものについて、どんなものを食べたらいいのか?具体的な食べ物と注意点、禁忌事項で、断食や苦行などがあげられています。

そして、最後は実習の大切さについて書かれています。

5月の『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の学習会は

●2021年5月11日(火)13時〜14時30分(90分)

● Yoga Bija

駿東郡清水町新宿257−1 analog 2階

●講師/加藤

●参加費 3,000円 

●持ち物『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編』 、筆記用具

●駐車場/店舗前をお使いください。大型の車は別の駐車場を紹介しますのでお申込み時にお伝えください。

●定員/5名

●その他 / 坐学です。坐りやすい服装で参加ください。

●開場時間 30分前からの入室が可能です

●当日、12時15分からキールタン練習会を行なっています。

 初回は500円の歌集代で参加可能です。

 2回目以降はドネーションでご参加ください。(ドネーションについてどうしたらいいか?いつも聞かれます。なのでどうしたらいいか?わからない時は聞いてくださいね。)

また、代表的なハタ・ヨーガの教典の一つでもある『ゲーランダ・サンヒター』にはどんなことが書かれているのでしょうか?

第1章 身体に関する練習 / 第2章 アーサナ / 第3章 ムドラー / 第4章 プラティアーハーラー(制感法) / 第5章 プラーナーヤーマ (調気法)/ 第6章 ディヤーナ・ヨーガ / 第7章 サマーディ・ヨーガ

『いまに生きる インドの叡智』著:成瀬貴良

『ゲーランダ・サンヒター』はハタ・ヨーガの教典の中でアーサナなどテクニックについての説明が詳細になっていて、取り扱っている数も多いのが特徴です。

また、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』とアーサナの順番が違い、まずシャット・カルマから行うようにと第1章に説明されています。

最後に『シヴァ・サンヒター』にはどんなことが書かれているでしょうか?

第1章 宇宙論 / 第2章 人間論 / 第3章 ヨーガの修習 / 第4章 ムドラー / 第5章雑録

『いまに生きる インドの叡智』著:成瀬貴良

『シヴァ・サンヒター』は実技についての解説が少ないのですが、宇宙論、人間論、最後の雑録など面白いです。

『ゲーランダ・サンヒター』と『シヴァ・サンヒター』は佐保田鶴二先生の『続ヨーガ根本教典』で読むことができます。

6月以降の教典学習会の予定

6月の学習会からは、第1章がまた新しく始まりまり、第2章も今月の続きから行なっていきます。

そして、今後は『ヨーガ・スートラ』の読書会と、『バガヴァッド・ギーター』の復習会を行なっていきたいなと思っています。

『ヨーガ・スートラ』は色々と沢山書籍があるので、読書会という方法で行なって行こうかと思っています。

一緒に本を読みながら、「今の私はここが大切って赤ペン入れます!」をお伝えしていく読書会です。

また、参加者の皆さんの赤ペンを入れたところ、「?」なところを一緒に考えて深めていきたいと思っています。

詳細が決まりましたら、お伝えしていきます。

わからないことは、どんなことでも聞いてくださいね。

Yoga Bija

加藤


コメントを残す