【9月のプラーナーヤーマ】完全呼吸


9月のプラーナーヤーマのご紹介です。

9月、10月、11月と段階的に呼吸を深め、11月に行なうナーディーショーダナー・プラーナーヤーマを実習しやすくしていきます。

なので、正確には完全呼吸というプラーナーヤーマはないのですが、全てのプラーナーヤーマの基本になるので練習していきましょう。

 

【完全呼吸】

完全呼吸という呼吸の仕方はどのヨーガの原典にも見られない。
完全呼吸という名前から、どうしても「数ある呼吸の中でも完璧な呼吸の方法」という印象を受けるが、これは呼吸の際に肺全体(=完全に)を使うところからこう呼ばれているのであって、決してヨーガの中の最高の呼吸という意味ではない。

また、肺全体を使うところから「全体呼吸」と呼ばれたり、肺の下部(横隔膜)・中部(肋間筋)・上部を次々に使っていくところから「三段呼吸」と呼ばれたりする。

 

この呼吸の練習法としてはまず、

1.肺の下部を使う練習

仰向けか楽な姿勢で坐わり、横隔膜を使って正しく呼吸できているかを確認する(いわゆる腹式呼吸)。

2.肺の中部を使う練習

楽な姿勢で坐わり、手を胸の横にあてて呼吸の際に胸部の動きを観察し、肋間筋を使って呼吸していることを確認する。横隔膜を使っての呼吸との違いも観察する。

3.肺の上部を使う練習

 

楽な姿勢で坐わり、両手を上に伸ばし肺の上部だけの浅い呼吸を観察する。

上の二つの大きなゆったりとした呼吸とは違うことを確認。

この三つの呼吸を個々に練習してそれぞれの違いを理解してから、最後に三つ全体を使う呼吸を行う。

 

 

通常に行っている呼吸の何倍もの深い呼吸です。

呼吸が私たちに与えてくれる影響はアーサナよりも強いものがあります。

そんなお話しもこれから少しずつしてきますね。

 

Bija

加藤


コメントを残す